ギャラリー

ブロンズ像
見返り美人ブロンズ像

 

「見返り美人図」を立体的に。鴨川市出身の彫刻家・長谷川昂 氏の制作によるブロンズ像です。菱川師宣記念館前に建っています。

師宣墓
別願院 菱川師宣墓

 

師宣は元禄7年(1694)6月4日、江戸で亡くなりました。江戸に墓がないことから、故郷保田の菩提寺、別願院に墓が建てられたと考えられています。現在の墓は後世に再建されたものです。

菱川師宣誕生地
菱川師宣誕生地

 

師宣の生年は未だ不明です。父の年齢や第4子という状況から、寛永の中頃(1630頃)と推定されています。本名は吉兵衛。縫箔師の父吉左衛門と、母オタマの間に7人兄弟の第4子、長男として誕生しました。

別願院梵鐘
別願院梵鐘

 

師宣は故郷を深く愛していました。元禄7年(1694)5月、保田の別願院に、親族の供養として梵鐘を寄進しています。亡くなる一ケ月前のことです。残念ながらその梵鐘は、太平洋戦争時、金属回収令で供出されてしまいました。現在、復元した鐘が記念館前にあります。

 boyo