菱川師宣記念館 展示物紹介

菱川師宣記念館の常設展について紹介します。

館内には3つの展示室があります。

展示室1、2には菱川師宣の代表作である見返り美人図(複製)などの肉筆画をはじめ、物語等を描いた絵本や版画などを中心に、江戸後期に活躍した絵師の肉筆画、版画を展示しています。

また、切手趣味週間シリーズ―切手になった浮世絵として、

菱川師宣の「見返り美人図」、歌川広重「月に雁」など他にも1940年代から1980年代の切手が展示してあります。

展示室3には喜多川歌麿の「山姥と金太郎」の版木(複製)が展示してあり、浮世絵の制作順序がわかります。

現在、東海道シリーズとして菱川師宣の「東海道分間絵図」、歌川広重の「狂歌入り東海道五十三次」が展示してあります。

約130点の作品を展示しており、他にも菱川師宣についてわかりやすく紹介したシアターや

お土産コーナーもあります。菱川師宣や、浮世絵、版画に関する書籍もございます。

小さな記念館ではありますが、お近くに来た際にはぜひお立ち寄りください。

 

CIMG0574     CIMG0553  CIMG0550

 

 

 

 

 

  • 2017(H29)/09/21   14:32