特別展「モダンアートの巨匠 東郷青児展」のお知らせ

【会期】 平成31年1月19日(土)~2月17日(日)

【休館日】 月曜日休館(祝日の場合は翌火曜日休館)

【特別展入館料】大人 600円(500円)  小・中・高校生 300円(200円)

                      ( )内は団体20名以上の料金

        *鋸南町在住の方 大人 300円(200円) 小・中・高校生 無料

                        ( )内は団体20名以上の料金

 

※1月17・18日、2月18・19・20日は展示替えのため休館いたします。

 

 

~東郷青児のモダンと菱川様の美と~

 

東郷青児は鹿児島に生まれ、大正ロマンの色濃い時代を東京で過ごし、絵画の才能を開花させました。その後パリに渡りヨーロッパの美学や知識を吸収し、帰国後の二科展でその成果を発表、注目を集めました。詩情あふれる女性美を独自の技法で追求した作風は、戦後広く大衆に受け入れられ、モダンでロマンティックな女性像は今なお根強い人気を保っています。

本展は、江戸時代初期に確立された菱川師宣の作風と、昭和初期のモダンアートの「東郷青児」の詩情あふれる女性美を合わせてご紹介いたします。

 

 

特別協力

公益財団法人損保ジャパン日本興亜美術財団

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

協賛

株式会社 渡保険センター

 

東郷青児〈ケナの少女〉1973年 油彩

東郷青児〈望郷〉1959年 油彩

 

 

掲載作品はすべて東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館蔵

©Sompo’ Museum of Art, 18021

 

  • 2018(H30)/06/24   13:18