鋸南町観光

● 日本寺(にほんじ/Nihon-Temple)

説明

奈良時代 725(神亀2年)鋸山に日本寺が建設されました。高僧行基により開かれた関東最古の勅願所です。
日本寺は、南房総の入口にある鋸山全体、総面積33万㎡の境内を持ちます。御影石で作られた2639段の参道は日本一の長さがあります。本尊は薬師瑠璃光如来です。境内には、日本最古の総高31mの大仏、東海千五百羅漢、百尺観音など多くの石仏があります。また、海中より出現したと伝えられる梵鐘があります。
本堂は昭和14年(1939年)に登山者の失火により消失しました。現在は仮法堂となっています。
関東を一望できる頂上の大景観は素晴らしく、初日の出や桜の咲く頃には多くの人が訪れ賑わいます。 

営業時間

通年

定休日

無休

住所

安房郡鋸南町元名184 MAP

問い合わせ先

日本寺 TEL:0470-55-1103

電話

0470-55-1103

アクセス1

JR内房線保田駅から徒歩45分

駐車場情報

駐車台数

普通車 150台

平均予算

拝観料:大人(中学生以上)600円、小人(4歳以上)400円/(税込) 2013年12月時点

URL

www.nihonji.jp/

備考1

寺は乾坤山日本寺と呼ばれます。学術的にも、地質や動植物の研究者から天然の大博物館として注目されています。心字池を中心にハイキングが楽しめます。周辺には、鋸山(海抜、329.5m)、鋸山ロープウエー、菱川師宣記念館、保田海水浴場などがあります。

  • ※最新情報は、施設に確認して下さい。

    • 【呑海楼からの眺め】 呑海楼は江戸時代の建物で休祭日に茶屋として公開。 ※建築物維持のため平日非公開

    • 鋸山日本寺案内図です。詳しくはコチラhttp://www.nihonji.jp/index.html