鋸南町観光

●水仙まつり(すいせんまつり/Narcissus(Suisen)-Festival)

説明

昔から「鋸山を越えると肌着が一枚いらない」と言われるほど南房総は暖かく、北国で雪の便りが聞かれるときでも安房では花がいっぱいです。
鋸南町の特産物として知られる日本水仙の歴史は古く、江戸時代の安政年間(1854~60年)には、房州から船で江戸に出荷され、武家屋敷や町家等に『元名(もとな)の花』として売られ、高貴な花として好評を得たとの記録があります。

12月から2月上旬まで鋸南町のいたるところで水仙の芳香が漂います。(※天候等により花期がずれることがあります。) シーズン中には『水仙まつり』及び『水仙写真コンクール』が開催されます。

開催期間

2017/12/16~2018/02/04

主催者

鋸南町花まつり実行委員会事務局、鋸南町観光協会

住所

安房郡鋸南町江月地先   MAP

住所2

安房郡鋸南町大崩地先 

問い合わせ先

鋸南町花まつり実行委員会事務局 (0470-55-1560)、鋸南町観光協会 保田駅前案内所 (0470-55-1683)

アクセス1

江月水仙ロード:JR内房線保田駅から徒歩10分(水仙ロード入口)

アクセス3

をくづれ水仙郷:JR内房線保田駅から町営循環(青)バス<約20分>に乗車「大崩」下車すぐ。

アクセス4

をくづれ水仙郷:館山自動車道、木更津南ICから国道127号線を館山方面へ。富津中央ICから富津館山道経由、鋸南保田IC下り、突き当たり右折約6km直進、左側の案内看板から右折、約1km。

駐車場情報

あり

駐車台数

江月水仙ロード:普通車 160台 、をくづれ水仙郷:大型 15台・普通車 80台

  • ※最新情報は、施設に確認して下さい。

    • 夕日に映える水仙

    • 水仙と湖面の光

    • 美しい水仙の花