鋸南町観光

●浮島伝説(うきしまでんせつ/Ukishima)

説明

 東国平定をなしとげたヤマトタケルの死後、父の景行天皇は、同じ旅路をたどって、勝山の浮島に来ました。浮島がとても気に入った天皇は、ここにしばらく滞在したと言います。この時、家来のイワカムツカリノミコトが、大きな白いハマグリやカツオを料理して天皇に差し上げたところ、たいそう喜ばれたそうです。
 ムツカリノミコトは、以来、料理の神様としてまつられました。