バンクーバーの朝日

「バンクーバーの朝日」

フジテレビ開局55周年記念作品 バンクーバー国際映画祭観客賞受賞
絶賛上映中!!

鋸南町旧保田漁港で撮影が行われました

映画についての詳細は、公式サイトをご覧下さい。

映画『バンクーバーの朝日』公式サイト

(C)2014「バンクーバーの朝日」製作委員会

あらすじ

2003年、カナダのトロントにおいて、
ある野球チームが最高の名誉であるカナダ野球の殿堂入りを果たした。
そのチームの名は───「バンクーバー朝日」。
戦前のカナダで、差別や貧困と戦いながら、日系移民に勇気と誇り、そして希望を与え、フェアプレーの精神でひたむきに戦い抜き、白人社会からも賞賛と圧倒的な人気を勝ち得た実在の野球チーム“バンクーバー朝日”。そのチームの記録をもとに、戦前の日系移民の壮大なドラマを描く、映画「バンクーバーの朝日」。

1914〜41年、戦前のカナダで活躍し、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」の実際の記録に基づき、「舟を編む」の石井裕也監督が妻夫木聡を主演に迎えて映画化。1900年代初頭、新天地を夢見てカナダへと渡った多くの日本人が、過酷な肉体労働や貧困、差別という厳しい現実に直面する。日本人街に誕生した野球チーム「バンクーバー朝日」は、体格で上回る白人チーム相手に負け続け、万年リーグ最下位だった。ある年、キャプテンに就いたレジー笠原は、偶然ボールがバットに当たって出塁できたことをきっかけに、バントと盗塁を多用するプレースタイルを思いつく。その大胆な戦法は「頭脳野球」と呼ばれ、同時にフェアプレーの精神でひたむきに戦い抜く彼らの姿は、日系移民たちに勇気や希望をもたらし、白人社会からも賞賛と人気を勝ち取っていくが……。石井監督作「ぼくたちの家族」に主演する妻夫木のほか、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮が「バンクーバー朝日」チームメイトを演じる。その他の共演に高畑充希、佐藤浩市ら。脚本は「八日目の蝉」「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子。撮影に「私の男」「そこのみにて光輝く」などで注目される若手・近藤龍人。

■CAST

妻夫木聡 亀梨和也 勝地涼 上地雄輔 池松壮亮
高畑充希 / 宮﨑あおい 貫地谷しほり / ユースケ・サンタマリア
本上まなみ 田口トモロヲ 徳井優 大鷹明良 岩松了 大杉漣
鶴見辰吾 光石研 石田えり / 佐藤浩市

※宮﨑あおいの「﨑」は立つ﨑です

■STAFF

監督:石井裕也
脚本:奥寺佐渡子

配給:東宝

鋸南町旧保田漁港で撮影が行われました

映画「バンクーバーの朝日」の撮影では、鋸南町旧保田漁港がロケ地として使われました。
映画ファンはもちろん、観光で鋸南町にお越しの際は、ぜひロケ地巡りを楽しんでみてください。

撮影場所の一覧

鋸南町旧保田漁港

〒299-1909 千葉県安房郡鋸南町大六112

交通アクセス

[車の場合]

・館山自動車道・鋸南保田IC出口左折 → R127号「保田交差点」を館山方面へ → 鋸南病院前を通過 → 保田川を渡り約200m先右側の「釣船 東丸」の看板を右折 → 旧保田港先端の給油タンク前 → 東丸
(鋸南保田ICから約4分)

・東京湾フェリー → 金谷港出口を右折 → R127号を館山方面へ → JR保田駅を通過 → 「保田交差点」 → 以下同道順となります
(金谷港から約10分)

[電車の場合]

JR内房線・保田駅下車。

その他、鋸南町のロケ地情報などはコチラ